中国書法の歴史は中国漢字の歴史と大体同じように長いことは認められている。種類は甲骨文、金文、篆書、隷書、草書、楷書、行書書法がある。書法は詩歌、絵画、彫刻、建築などと結びつけて、綜合的な芸術価値が生める。中国書法と中国人の日常生活とは非常に密接な関係を持っている。装飾品としてのほかに冠婚葬祭、顕彰碑、看板などでよく見受けられる。即ち、実用性と観賞性を兼ね備えてい る。 初心者が書法を学ぶ時にはまず楷書を学習して、基礎が出来てから、本人の好みに合わせてそのほかの書体を学ぶ。 中国書法の道具は紙、墨、筆、硯であり、文房四宝”とも言う。
中国画 中国画は筆、墨と中国画顔料を用いて、画仙紙或は絹の上で書かれている。中国画は内容によって、宗教画、花鳥画、人物画、山水画等に分けられる。表現形式上からいうと、工筆画(線、色彩を詳しく細かにかいた画)と写 意画(形式に拘泥をせず、精神の表現に重きをおく画法)の2種類がある。
中国語の「結び」という言葉には、力、調和など情感にあふれるニュアンスがあり、「団結」「夫婦の契りを結ぶ」など、団らん・親密・暖かい人間関係などを表すときによく使われる。中国結びの基本様式は14種類ある。これらの名称は、結び目の形状や用途、最初に結ばれたときの意義などから付けられた。 14種類の基本結びの名称は双銭結び、鈕扣結び、単線團結び、卍字結び、琵琶結び、吉祥結び、平安結び、鈕扣環結び、酢漿草結び、攀縁結び、藻井結び、如意結び、双聨結び、團錦結び。ほかに変化結びがある。

中国刺繍は数多くの中国手工芸の中で相当の地位を占めている一項目です。清の時代では、各地より異なる体系に発展され、地方独特の風格を持つ刺繍に形成されました。 その中でも主なものとして江蘇省蘇州の蘇繍、湖南省一帯の湘繍、四川省の蜀繍、広東省の広繍(粤繍)があり、これらは「四大刺繍」として 非常に有名です。
その他にも、北京の京繍、温州の甌(オウ)繍、上海の顧繍、 苗族の苗繍があります。中国、日本、韓国それぞれの特徴としては中国は色彩が絢爛で撚りのかかっていない糸を使用し、装飾用・衣服用に多く用いられる。日本は色彩が柔らかく布に薄く散らした感じの刺繍で着物によく使われる。韓国は撚りのかかった糸を使用し色彩豊富で立体感がある。刺繍は難しく感じるが一針一針ゆっくり仕上げればとても楽しくでき、完成したときには感動を与えてくれます。
   
   
 
 
 
 

 
 

Copyright (C) 上海美知. All rights reserved.