もの的用法

「もの」的多种用法——上海日语一对一美知
 
「もの」在日语的语法中可谓是不可或缺的重要角色,我们简单列举出了几个比较重要的用法。
 
(1)ものを/ものの
 
ものを:“本该…(却做了相反的)”
 
例:一言謝ればいいものを、意地を張っている。
 
只要道一下歉就可以解决的事,却固执不肯。
ものの:“虽然…但是”
 
例:そうは言うものの(言っても)、やっぱり惜しい気がする。
 
就算这么说,还是觉得可惜。
「ものを」经常和「いい/よい」一起使用,意义类似于「のに」;而「ものの」的意义就如同「が/ても」。
 
(2)~(する)ものだ/~(た)ものだ
 
       ~(する)ものだ:“往往”“经常”“应该“
 
       ~(た)ものだ:“曾经”
 
「~(する)ものだ」用法较多,根据前项动词的性质,有三重含义:
 
①前接无意志动词,表示根据客观情况、事物的规律,往往会形成某种情况。
 
例:人はいずれ死ぬものだ。
 
人总会死。
②前接意志动词,常用「よく~ものだ」的形式,表示某人具有某种习惯。
 
例:父は忙しくなると、よく夜ふかしをして仕事をするものだ。
 
父亲一旦忙起来,总会熬夜工作。
③前接意志动词,表示根据人情道理,应该如何做,引申表示劝告、命令。
 
例:借りたものは返すものだ。
 
借的东西应该还。
「~(た)ものだ」表示对过去事物的回忆。
 
例:子供の時は二人はよく喧嘩したものだ。
 
两人小时候总是打架。
(3)~(ない)ものだ/~ものではない
 
       ~(ない)ものだ:“不会…”“不常…”
 
       ~ものではない:“不会…”“不该…”
 
「~(ない)ものだ」的意义也要根据前项的动词性质来决定。
 
①前接无意志动词,表示否定的自然规律、否定的事物道理。
 
例:天気は人の思うとおりにならないものだ。
 
天气不会遂人愿。
②前接意志动词,表示习惯上不常做某事。
 
例:私はあまり酒を飲まないものだ。
 
我不常喝酒。
「~ものではない」也有两点用法。
 
①前接无意志动词,表示根据自然的规律、日常的道理或人之常情,不会发生某种情况。
 
例:天気は私たちの思うとおりになってくれるものではない。
 
天气不会遂人愿。
②前接意志动词,表示根据日常的道理、人之常情,不该做某事,含有禁止命令的意思。
 
例:学生はタバコを吸うものではありません。
 
学生不该吸烟。
所以,这两个句型在用法①上是重合的,都表示自然规律上不会发生某种情况,但在用法②上,意义则不相同。我们看下面这两句话来比较一下不同之处。
 
真冬だから、そんな高い山が登れるものではない。
 
严冬爬不了那么高的山
真冬だから、そんな高い山を登るものではない。
 
严冬不要爬那么高的山
真冬は、高い山を登らないものです。
 
严冬我不太爬高的山
(4)~てからというもの/~というもの
 
        ~てからというもの:“自从…之后”
 
        ~というもの:“这段时间以来”
 
「~てからというもの」表示自从某件事情发生后,就发生了很大的变化。
 
例:彼は結婚してからというもの、人が変わったように真面目になった。
 
他结婚后,仿佛变了个人似的很认真。
「~というもの」描述很长一段时间内,一直处于某种状态。前面经常是一些用「ここ」「この」表达的时间名词。
 
例:この一ヶ月間というもの、祖父は体調を崩して病院に通っている。
 
这一个月里,祖父身体不好总是去医院。
 
分享按钮